ファイルを手軽に共有できる無料のファイル共有サービス「Firefox Send」

Mozillaが2017年からテスト期間として提供していたファイルを手軽に共有できる便利なファイル共有サービス「Firefox Send」を2019年3月12日に正式にリリースしました。
無料で利用することができます。

いろんなファイル共有サービスがある中で、メールアドレスの登録なども必要ない手軽なサービスがまた1つ登場しましたね。

Firefox Sendはwebブラウザからアップロードしたファイルに対して、共有リンクを作成して手軽にファイルを共有することができます。
また有効期限としてダウンロード回数や保有期限も設定でき、さらにセキュリティ面も考えてパスワードを設定することも可能です。
ファイルを暗号化して安全かつ簡単に共有できるといったとても便利なサービスです。


Firefox Sendの使い方


使い方はすごく簡単で、MozillaのFirefoxだけでなくGoogle ChromeやSafariなど多くのモダンブラウザで利用が可能。
普段よく使うwebブラウザから「Firefox Send」にアクセスするだけで利用できます。

Firefox Send
https://send.firefox.com/

Firefox Sendの使い方

基本的にはアップロードできるファイルサイズは最大1GBとなっていますが、アカウントを作成してログインすることで最大2.5GBのファイルを無料で送信できるようになります。
1GBあれば十分という方はアカウントを作成せずそのまま使ってもらえばいいです。

アップロードするファイルのセットはwebブラウザにファイルをドラッグ&ドロップするだけでできます。
他「アップロードするファイルを選択」ボタンからコンピュータ内のファイルを選択していきます。
複数ファイルの選択もできます。

Firefox Sendのアップロード設定

ファイルがセットできましたら、有効期限としてダウンロード回数や保有期限の設定ができます。
ダウンロード回数は1,2,3,4,5,20,50,100回から選択できます。
保有期限は5分、1時間、1日、7日と選択できます。最大で1週間となります。

また「パスワードで保護」のラジオボタンにチェックを入れると、ダウンロードするためのパスワードを設定することができます。

設定がすべて終わりましたら「アップロード」ボタンを選択してアップロード完了となります。

アップロードされるとファイルが暗号化されて一時的にサーバで保管し、共有の際に必要になるURLが発行されます。

Firefox Sendの共有リンク

URLのコピーは「リンクをコピー」をクリックするだけで簡単にできます。
あとはこの共有リンクを共有する相手に教えるだけです。

有効期限として設定したダウンロード回数または保有期限が切れると共有リンクは無効となります。
そしてアップロードされたファイルもサーバから削除されます。

共有リンクにアクセスすればファイルをダウンロードすることができます。
パスワードが設定されている場合は、パスワードでロックを解除してダウンロードページに入っていきます。

Firefox Sendのパスワード解除

ダウンロードページでファイル名や中身のファイル情報が表示されます。
ダウンロード」ボタンを選択すればダウンロードが開始されます。

Firefox Sendのファイルダウンロード



webブラウザを利用するだけで簡単にファイルが共有できるなんてすごく楽ですね。
メールアドレスなどの登録も必要ないですし。

ちなみにスマートフォンでもwebブラウザから利用することができます。
iPhoneユーザーはSafari、AndroidユーザーはGoogle Chromeが標準で搭載されているので簡単に使えます。

無料で利用できるFirefox Send、とても便利なファイル共有サービスなので是非使ってみてください。