日々の生活で健康状態を保つために必要なアイテム

社会人や学生、多くの方にとって日々の生活での健康管理はすごく大事です。疲れは頭の回転を悪くして作業効率が下がりますし風邪などで体調を崩せば病院にいったり寝て安静にしたりと時間を奪われます。

私はWebエンジニアとして仕事をしている中で、デスクワークでパソコンに向かって頭を回転させたり、打ち合わせで移動、複数の大学で講師をしているので週4くらいであちこち移動しながら仕事をする日々。
多くの作業をこなす中で頭が疲れてきていると感じることがあるし、ここで体調を崩してしまうといろんなところに影響してしまうので、健康状態の管理は特に心がけています。

私がここ数年ずっと続けていてなんとか体調も崩さずにやっていけているので、その秘訣として日々の生活で健康状態を保つため常に常備しているアイテムを2つご紹介します。


カカオ70%以上のチョコレート


1つ目はよく聞く疲れた時に食べると良いと言われているチョコレート。
しかし、ただのチョコレートではなくカカオを多く含むカカオ分70%以上のチョコレートです。

カカオは滋養強壮や疲労回復に効果的で、またポリフェノールが豊富ですので抗酸化作用に優れ、動脈硬化や生活習慣病の予防に適しています。
さらにカカオ分70%以上では記憶力や認知力に影響を与える効果もあり、脳が若返る研究結果もあるそうです。
ですのでこれから作業で頭を回転させるときや何か情報を頭に入れる時、他にも何かを学んでいる時に摂取すると良いです。

かといっていっぱい食べればいいというものでもないです。
食物繊維が豊富なチョコレートだとお腹を壊します。
高濃度カカオチョコレートは一般的なチョコレートに比べて1.3倍ほど脂肪分が多いので、頭を使ったり少し運動をするなどしないと体にエネルギーが溜まってしまって太る原因となります。

目安としては、1日3、4個とすると良いでしょう。

私が常備しているカカオ70%以上のチョコレートがこちらになります。


森永製菓 カレ・ド・ショコラ<カカオ70>

森永製菓 カレ・ド・ショコラ<カカオ70> 21枚×6個

21枚入りが6個なので1日3枚、1箱1週間として1ヶ月半分といったところでしょうか。

しかし、外出時用として持ち運びが便利なものがいいという方もいると思うので、持ち運びやすいカカオ70%チョコレートもご紹介します。


明治 チョコレート効果カカオ72%大容量ボックス 1kg

明治 チョコレート効果カカオ72%大容量ボックス 1kg


一枚一枚が個別包装されていますので持ち運びに便利です。
1kg(1000g)標準として約200枚入っています。1日3枚とすると2ヶ月分はあります。
カカオ70%以上のチョコレートをチョコチョコ買わなくて済みます。

暑い夏場でなければ3枚ほどカバンに入れて持ち運ぶといったことが出来るのでおすすめです。

こちらの商品は、私が仕事であっちこっち移動することが多いのでカバンに常備しています。
3時のおやつの時間あたりにコーヒーや緑茶などと一緒に休憩のひとときを楽しんでいます。


ビタミンCが豊富なのど飴


2つ目はビタミンCが豊富なのど飴。
喉を乾燥させると風邪のウイルスが繁殖しやすくなるため風邪を引きやすいなります。
特に冬の時期は風邪を引きやすいです。とはいえ春も夏も秋も喉の乾燥で風邪を引くことがあります。

喉を乾燥させると風邪のウイルスが繁殖しやすくなるため風邪を引きやすいなります。
特に冬の時期は風邪を引きやすいです。とはいえ春も夏も秋も喉の乾燥で風邪を引くことがあります。

風邪を引くと体がえらいのはもちろん、病院に行ったり寝て安静にしたりといろんな時間が奪われます。
無理に仕事をしても頭がぼーっとするので作業効率は悪いし、いいことなんて何もありません。常にコンディション良く元気でいることが一番です。

そんな喉の乾燥を抑えてくれるのど飴、一緒にたくさんのビタミンCが取れると嬉しいですね。

ということで、おすすめののど飴はこちらです。


ノーベル VC-3000のど飴 90g×6個

ノーベル VC-3000のど飴 90g×6個


1袋(90g)にだいだい23個ほど入っていますので、1日1個と考えると6袋で4ヶ月半分はあるでしょうか。

車や電車移動の際、お口が寂しい時にたまにVC-3000のど飴を舐めて喉を潤しています。
こちらもチョコレート同様、しっかりとカバンに常備。


まとめ


今回ご紹介したチョコレートは、食べ過ぎは良くないですがしっかりと量を決めればすっきりとした気分で仕事や学問に取り組めるでしょう。
のど飴も自分の時間を有意義に使うためにも体調管理をしっかりと意識しましょう。

体調を崩したりするといろんなことがうまくいかなくなります。
社会人や学生、多くの方にとってコンディションと時間は大切です。なるべく良いコンディションでいられるように自分自身をしっかりとケアしていきましょう。