ifttt_recipe_weather_line_main

日々の生活の中で誰もが気にするであろう天気予報。みなさん、常に天気予報を見ているわけじゃないよね。見ても朝出かける前とかにざっくりと1日の天気の移り変わりを確認するくらいではないだろうか。
現在のお天気情報がすぐに知れたら嬉しいよね。
とくに雨が降りそうになった時は。

IFTTTでLINEと連携しちゃえば、雨が振りそうになったらLINEに通知するってことが可能なんです。

LINEで現在のお天気情報(雨雲が接近してきたら)を受け取ろうってことで、レシピを作っていきたいと思います。

まだIFTTTとLINEを連携されてない方、
こちらで説明しております。
【LINE Notify】いろんなWebサービスと連携させてLINEで通知を受け取る。 LINEとIFTTTの連携方法

 
それではいきましょう。

 

レシピの作り方

まずはMy Recipesから+を選択。
ifのとなりの+を選択してトリガーを作成します。

ifttt_recipe_weather_line_01

 

Weatherのトリガーを選択して、次にCurrent condition changes toを選択。

ifttt_recipe_weather_line_02

 

Current conditionにはRain(雨)を選択。
これでトリガーはOK。
次にthenのとなりの+を選択してアクションを作成します。

ifttt_recipe_weather_line_03

 

LINEを選択して、次にSend messageを選択。

ifttt_recipe_weather_line_04

 

Recipientで通知を受けるところを選択。
LINE NotifyでLINE Notifyアカウントから自分だけに通知するように。

その他にもグループに通知するようにもできます。
次にMessageですがデフォルトではこんな感じ。
ここは通知メッセージなので日本語で好きなように変更してください。
Photo URLは雨とか雷雨などの画像スタンプが飛んできます。

ifttt_recipe_weather_line_05

 

レシピの設定ができました。
最後にFinishを選択して完成です。

ifttt_recipe_weather_line_06

 

そして通知がこちら

ifttt_recipe_weather_line_07

 

いや~〜〜
便利な時代ですなぁ〜〜〜

 

作ったレシピを公開しておきました。
通知メッセージは日本語にしてあります。

IFTTT Recipe: 雨が振りそうになったらLINEに通知する connects weather to line