GitHub製のテキストエディタ「Atom」のバージョンをダウングレードする方法

Atomはデフォルトの設定で自動アップデートされるようになっていますが、使用しているパッケージが最新バージョンに対応していなくエラーが出たりして動かないといったことが起こらないように、手動アップデートに設定しておいたほうがいいこともあります。

Atomを起動した時に勝手に最新バージョンにアップデートされて今まで使っていた必要なパッケージが動かない。
そんな時はうまく動いていた元のバージョンに戻さなければなりません。

ここではバージョンを落としたい方のために、Atomのバージョンをダウングレードする方法をご紹介します。
バージョン管理の設定が自動アップデートのままだと、また起動するたびに最新バージョンに上がってしまう恐れがあるので手動アップデートに設定しておきましょう。

 
Atomエディタのバージョンアップデートの自動と手動を切り替える方法はこちらで紹介しています。

Atomエディタの自動/手動アップデートの切り替えと手動アップデート方法

設定を手動アップデートに変更したらダウングレードの作業に入りましょう。

 

Atomエディタのダウングレード

ツールバーから「Atom > About Atom」といきます。WindoswユーザーはエディタのツールバーのHelpからAbout Atomへ。
現在のバージョンの右横の「Release Notes」をクリック。
または、Atomの公式サイトからRelease Notesのページへいきます。

Atomエディタのダウングレード01

Atom
https://atom.io/

Atomエディタのダウングレード02

 
Release Notesページではリリース情報がたくさん載っているのですが、ページをスクロールして下にいって目的のバージョン情報までいきます。

例として、v1.23.3へバージョンを落とすとして説明します。
更新や追加、修正などv1.23.3に関する情報が載っていますが、エディタのダウンロードですので一番上の「v1.23.3」をクリック。

Atomエディタのダウングレード03

 
v1.23.3のパッケージがたくさんあります。

Macユーザーは「atom-mac.zip」を。
Windowsユーザーは「Atom-Setup.exe」の実行ファイルを。

ご自身のOSに合ったものをダウンロードします。

Atomエディタのダウングレード04

 
ダウンロードしてきましたら、ファイルを展開します。
Macでしたら皆さんおそらくアプリケーションフォルダで管理していると思いますので、Applicationフォルダへに入れてファイルを置き換えてください。

Atomエディタのダウングレード05

 
あとはAtomを起動すればOK。

Atom Aboutから情報を見ればダウンロードしてきた目的のバージョンになっているのが確認できます。