diet_weight_bmi

誰でも健康的に痩せたいって思いますよね。
でも世の中にあるさまざまなダイエット方法はちょいちょい危険だなと感じる。

〇〇だけダイエット。

こいつは危険だよね。

その名も栄養失調!

〇〇だけダイエットとは効果は一時的なものであって、続けると危険です。

人は筋肉を付けるにはタンパク質が必要で骨を作るにはカルシウムが必要、皮膚を作るにはビタミンが必要です。
〇〇だけでこれを補うだけの栄養があるのだろうか。

しかもこうした無理なダイエットをすることで、
老化を早めたり更年期障害になったり骨粗しょう症になったり、さらにホルモンバランスが崩れることで食べてないのに太っていくなんてこともありうるんです。

好きな物が食べれないのでストレスも溜まってくる。

良くないことばかりです。

そう、
頑張ったのにあとあと不幸が降りかかってくるんです。

 
まずは一度、ダイエットという言葉を忘れて健康を考えましょう。
あとあとダイエットに繋がってきますので。

そこで、まずは自分の状態を知りましょう。
BMIと標準体重をチェックできる計算機をご用意しましたので、今の自分の状態を調べてみましょう。

 

BMIと標準体重をチェック

BMIとはWHOで定めた肥満判定の国際基準です。
標準体重とは人が最も健康的に生活できると言われる体重です。
とは言っても世の中には何種類かあるそうです。
ちょっと体型別を見てみましょう。

標準体型
健康的な体重。
現代人にはちょっとふっくら見えるかもしれないですが、これが一番健康的です。

美容体型
健康的でかつキレイにみえるであろう体重。
一般人が一番理想と思う体型になります。

モデル体型
モデルを職業としている人の体重。
ちょっと細すぎじゃないって思われる感じの体型です。

他にもスーバーモデル体型っていうものもありましたが、不健康なので載せません。一般の方は標準体型か美容体型を目指して下さい。

ちょっと自分でBMIと標準体重の計算機を作ってみた。
3種類測定できるようにご用意しました。

※この計算機はJavaScriptを使用していますので、ブラウザの設定を有効にしておいてください。

さっそくチェックしましょうか。
健康診断だと思ってやってみてください。
(入力半角数字でお願い致します)

 

身長(cm)
体重(kg)
BMI :
標準体重 :

 

これはあくまで基準です。
筋肉を脂肪の割合もありますので。

あと、脂肪より筋肉のほうが重いです。
なのでちょっと体重多めだなぁって思っても気にしなくて大丈夫。
筋肉は大事にしてください。
脂肪を燃焼するために働いてくれる強い味方です。

ちなみに僕は、
170cm
64kg
標準体型の標準体重との差は0.5kg
ザ・標準です。
(2016年3月現在)

2018年10月現在:
170.5cm
64kg
標準体型の標準体重との差は0.1kg

 
ボクサーとして現役の時は48kg級や51kg級で試合に出ていたので不健康体質でした。しかも体脂肪は4%、5%の世界。
ボクサーって不健康なんですよ。

引退してから18年。
今はWebエンジニアとしてデスクでパソコンいじってソースコードを書き書きして運動する機会がほとんどない。
でもそんな中で標準体重を維持しているんです。

 
自分に合った体重を維持するには、身体の体質改善をしないといけません。

それを始めるには、まずはストレッチをおすすめします。

↓ ↓ ↓

ダイエットに一番必要なことはストレッチだった!? ダイエットのはじめの一歩