AdobeのAcrobat DCでPDFファイルにパスワードをかける

PDFファイルを閲覧することができるAdobe Acrobat Readerは無料ですので多くのユーザーが利用されていると思いますが、有料ソフトのAcrobat DCを利用することでPDFファイルにパスワードを設定することができます。

Adobe Acrobat DCは有料ソフトで月々1,580円と費用がかかるのですが、Adobeのクリエイティブクラウドを契約していてAdobeのソフトをいろいろご利用されている方は、Adobe Acrobat DCも自由に使えます。

大事な情報が載っているファイルであれば第三者に閲覧されないように守っておきたいところです。

ここではAdobeのAcrobat DCでPDFファイルにパスワードをかける方法をご紹介します。


PDFファイルにパスワードをかける


パスワードをかけるPDFファイルを開いた状態で「ツール」タブの保護と標準化の項目から「保護」を選択します。

AdobeのAcrobat DCでPDFファイルにパスワードをかける01

暗号化の項目から「Encrypt with Password(パスワードによる暗号化)」を選択します。

AdobeのAcrobat DCでPDFファイルにパスワードをかける02

新しいセキュリティ設定の適用に対しての変更確認のメッセージが出ますがそのまま「はい」をクリックします。

AdobeのAcrobat DCでPDFファイルにパスワードをかける03

パスワード設定のウィンドウが表示されます。
文書を開くの項目ではPDFファイルを開く時に必要になるパスワードを設定します。
権限の項目ではファイルを開いた後に印刷や編集といったことを制御する権限設定もできます。設定では印刷や編集を許可するかしないかも細かく設定できます。

AdobeのAcrobat DCでPDFファイルにパスワードをかける04

また、テキストや画像などの内容のコピー等の設定もチェックボックスから設定できます。
パスワードが設定できたら「OK」をクリックします。

パスワードを設定すると各パスワードの確認のウィンドウが表示されますので、各パスワードを入力していきます。また、パスワードに対しての注意事項のウィンドウもでますが、OKをクリックして進んでもらえれば大丈夫です。

AdobeのAcrobat DCでPDFファイルにパスワードをかける05
AdobeのAcrobat DCでPDFファイルにパスワードをかける06

セキュリティ設定はPDFファイルを保存して閉じるまで適応されないので、一度開いているファイルを保存して閉じましょう。

AdobeのAcrobat DCでPDFファイルにパスワードをかける07

これでPDFファイルへのパスワード設定の完了です。

第三者に見られたくない内容や大事な情報が載っているファイルであればパスワードをかけておくと良いでしょう。