Dropboxのファイル リクエスト機能を使ってログイン不要でファイルをアップロードしてもらう

資料やファイルを共有する場合はオンラインストレージのDropboxやGoogle Driveを利用するかと思いますが、資料やファイルをユーザーにアップロードしてもらって共有してもらう場合はメールアドレスで共有設定を行い、各サービスにログインしてから共有フォルダでやりとりすることになります。

 
時と場合によっては、はじめましての方とやりとりをしないといけない場面もあり、どのようにファイルを共有しようか迷うところです。

 
しかし、Dropboxではログイン不要で共有できるファイル リクエストという機能があります。

 
ファイル リクエストではDropboxのログイン不要でURLにアクセスしてファイルをアップロードすることができますので、一時的に知っている人から何かの資料なりファイルなり共有したり集めたりする場合にはとても便利です。

 
何かの授業やセミナーなどで提出物を集める場合に利用できるのかなと。

 
ここではDropboxのファイル リクエスト機能の簡単な使い方をご紹介します。

 

Dropboxのファイル リクエスト機能

まずはWebブラウザでDropboxにログインします。
ログインしてトップページの左のメニューから「ファイル」を選択。

他にもDropboxにログインした状態で以下にアクセスしてもOKです。
https://www.dropbox.com/requests

 
Dropboxのファイル リクエスト機能01

 
フォルダやファイルが置いてあるディレクトリに移動しますので、左のメニューから「ファイル リクエスト」を選択。

Dropboxのファイル リクエスト機能02

 
ファイル リクエストのページではファイルを受け付けるフォルダを作成してファイルを管理します。
右にある「ファイルをリクエスト」ボタンをクリックしてファイル リクエストを作成していきます。

Dropboxのファイル リクエスト作成02

 
どのようなファイルをリクエストするのかわかりやすい名前をつけます。
ファイルの保存先は「フォルダを変更」から変更可能です。そのままですとデフォルトでファイル リクエストというフォルダが自動で作成されてその中に保存されます。

設定がOKであれば「次へ」をクリックして進みます。

Dropboxのファイル リクエスト作成02

 
ファイル リクエストの送信に関する設定です。
ここに表示されているリンクをリクエストするユーザーに教えてあげればOKです。
あとは送るユーザーのメールアドレスを入れてあげてもDropboxがリンクを送ってくれます。
最後に「完了」をクリックしてファイル リクエストの作成の完了です。

Dropboxのファイル リクエスト作成03

 
ファイル リクエストの一覧を見ると作成したリクエストが確認できます。
編集をする場合は設定アイコンから編集または観覧できるメンバーの追加をすることができます。

Dropboxのファイル リクエストの編集01

 
編集画面ではリクエストの名前の変更や保存先の変更など。
また、期限を設けていたりもうファイルは受け付けていない場合は、「リクエストを終了」をクリックして現在のリクエストを終了できます。

Dropboxのファイル リクエストの編集02

 
リクエストの確認はWebブラウザでも出来ますし、PC用アプリやスマートフォンのアプリからも確認できます。

Dropboxのファイル リクエストの確認

 

作成したリクエストは、ファイル リクエストのURLをメールでもなんでもよいので共有する相手に教えてあげて、共有したユーザーにアクセスしてもらってファイルをアップロードしてもらえばOKです。
ファイル リクエストのURLにアクセスすると以下のようなページアクセスできて、「ファイルを選択」からコンピュータ内のファイルを選択してアップロードするという流れです。

Dropboxのファイル リクエストのURLを共有

 

これで提出資料やファイルなどを不特定多数の人から集めることができます。

 

まとめ

Dropboxにログイン不要でアップロードできる点はかなり使い勝手が良いですね。

 
ただ、Dropbox Basic(無料版)アカウントでは1日20GB、Dropbox Plus、Professional、Businessアカウントでは1日200GBまでとなっているそうです。
1日の大量のファイルのやりとりはそこそこにしておいたほうがいいですね。

 
あと、もちろん自分のファイルの容量は利用するだけ減ります。