picture_in_picture_youtube_main

 
Google ChromeやmacOSのSafariでYoutubeを観覧する際に利用できる機能「Picture in Picture(ピクチャ・イン・ピクチャ)」。何ができるかというと、動画をブラウザから切り離してモニターの端に固定できる機能。

そう。
動画を観ながら別の作業ができるマルチタスク機能なんです。

HTML5の動画であればこの機能が使えるそう。
といっても一般の方にはHTML5動画って何??? ってことですが、まぁ気にしなくていいです。
今のところはYouTubeとiTunesあたりでこの機能が使えると思ってもらえれば。

Google ChromeやmacOSのSafariでPicture in Picture(ピクチャ・イン・ピクチャ)の機能が利用できます。
Firefoxはバージョン71からWindows版だけ対応しました。

他、macOSのFirefoxとWindowsのIEとEdgeはまだ対応していません。

そこで今回は、YouTubeで動画を観る方が多いと思うのでYouTubeでのピクチャ・イン・ピクチャ機能の使い方を紹介します。


ピクチャ・イン・ピクチャ機能の使い方


ピクチャ・イン・ピクチャ機能は、YouTubeやiTunesの他、Vimeoなどでも利用できます。
使い方ですが、Google ChromeやSafariとWindows版のFirefoxとでは少しだけ操作が違います。

まずはChromeとSafariでの使い方から。

観覧しているYouTube動画を2回右クリックすると『Enter Picture-In-Picture』と出るのでそちらを選択。

picture_in_picture_youtube_01



すると動画の部分がブラウザから切り離されます。

picture_in_picture_youtube_02



ドラッグすれば四隅に配置できます。
これでネットサーフィンや作業をしながら同時に動画も観ることができます。

picture_in_picture_youtube_03



YouTubeのタブは閉じてしまうと、切り離したウィンドウも閉じます。
動画を観覧しながら別のことをする場合は、そのままYouTubeのタブは開いたままにしておきましょう。


Windows版 Firefoxの場合


バージョン71から対応したWindows版 Firefoxでは、操作方法が他のブラウザとは少し違います。
シンプルな操作となります。

YouTube動画にマウスカーソルを乗せると、画面右に画面から切り離すアイコンが表示されます。
こちらのアイコンにカーソルを合わせて、「ピクチャーインピクチャー」を選択します。

Windows版Firefoxでのピクチャーインピクチャーの利用



切り離されたウィンドウは他のブラウザ同様、ドラッグして場所を移動させることができます。


仕事でも学習でも参考になるYouTube動画などがけっこうありますので、Picture in Picture(ピクチャ・イン・ピクチャ)の機能を使って動画を観ながらいろいろ作業できると良いですね。