G Suiteの利用で外部のアプリケーションとのSMTP認証でエラーが起こるときに確認しておく設定


G Suiteで利用しているメールアドレスをWordPressやメールクライアントなどの外部アプリケーションで扱う場合に、SMTP認証でエラーが起こることがあります。

G Suiteと外部のアプリケーション間で認証を通すには、アカウントのメールアドレスとパスワードが必要になりますが、G Suite側のセキュリティの設定でアクセスを無効にされている場合はうまく認証されません。
Googleでは安全性が低いとされているアプリケーションと接続する時、脆弱性への対応としてアクセスを制限してアカウントを守るようにしています。

アカウントのメールアドレスとパスワードを間違いのないように設定してもエラーが起こる場合は、G Suite側でブロックされていると考えられます。

そこで、G Suite側で安全性の低いアプリへのアクセスを管理する設定を確認しておきましょう。


G Suiteのアクセス管理の設定


まずはG Suiteの管理コンソールにログインします。

TOPページから「セキュリティ」の項目を選択します。
はじめはダッシュボードにアイコンがないとおもうので、画面下の「その他の設定」からセキュリティの項目を選択してください。
よく触る設定であれば、アイコンを上のダッシュボードにドロップしてもらえば簡単にアクセスできるようになります。

G Suiteのセキュリティ設定



セキュリティの設定から「基本設定」を選択。
2SV(2段階認証)を適応して安全性の低いアプリを管理する設定へと進みます。

G Suiteの2SV(2段階認証)アクセスの設定



基本設定の安全性の低いアプリの項目から「安全性の低いアプリの設定に移動」を選択します。

G Suiteの安全性の低いアプリの設定



安全性の低いアプリの管理項目として、3つの選択がラジオボタンで用意されています。
デフォルトではすべてのユーザーで無効に設定されています。セキュリティ上で一番推奨される設定です。
間違っても非推奨のアクセス有効化をすべてのユーザーに適用しないようにしてください。アカウントの脆弱性が高まりますので。

ここで「安全性の低いアプリの管理をユーザーに許可」のラジオボタンにチェックします。

G Suiteで安全性の低いアプリの管理をユーザーに許可する



これでユーザーがアプリのアクセスを許可するかどうかがを管理できます。
その許可というのが、アプリパスワードになります。
このアプリパスワードは各ユーザーのアカウントで作成でき、G Suiteとアプリ間の接続認証に利用するものです。

アプリパスワードの生成方法については、以下の記事で説明しています。

↓ ↓ ↓

WordPressのSMTP認証でGmailやG suiteのメールを設定する

上記の記事では、WordPressのコンタクトフォームでSMTP認証をする場合の例をご紹介しています。
他にも、無料で有名なThunderbirdというメールクライアントなどでもアプリパスワードが必要になってきます。

もし外部のアプリケーションで認証エラーが出ましたら、今回ご紹介したG Suiteのセキュリティの設定を確認してみてください。