picture_in_picture_youtube_main

最新のmacOS、『macOS Sierra』の新機能であるPicture in Picture(ピクチャ・イン・ピクチャ)。何ができるかというと、動画をブラウザから切り離して、モニターの端に固定できる機能。

そう。
動画を観ながら別の作業ができるマルチタスク機能なんです。

HTML5の動画であればこの機能が使えるそう。
といっても一般の方にはHTML5動画って何??? ってことですが、まぁ気にしなくていいです。

今のところはYouTubeとiTunesあたりでこの機能が使えると思ってもらえれば。
まだSafariしか対応してないそうです。

それで今回は、YouTubeで動画を観る方が多いと思うので、YouTubeでのピクチャ・イン・ピクチャ機能の使い方を紹介します。

 

ピクチャ・イン・ピクチャ機能の使い方

観覧しているYouTube動画を2回右クリックすると『Enter Picture-In-Picture』と出るのでそちらを選択。

picture_in_picture_youtube_01

 

すると動画の部分がブラウザから切り離されます。

 

picture_in_picture_youtube_02

 

ドラッグすれば四隅に配置できます。
これでネットサーフィンや作業をしながら同時に動画も観れますね。

 

picture_in_picture_youtube_03

 
仕事でも学習でも参考になるYouTube動画などがけっこうありますので、Picture in Picture(ピクチャ・イン・ピクチャ)の機能を使って動画を観ながらいろいろ作業できると良いですね。

まだSafariしか対応してないので、今後はGoogle ChromeやFirefoxも対応してほしいところです。