Google Chromeのリーディングリスト機能で後で読みたいWebページを管理


世界的にもシェア率の高いWebブラウザのGoogle Chromeは、PCでもスマートフォンでも使い勝手が良くなってきました。

興味のあるWebサイトなどは通常、ブックマーク機能で管理していくと思いますが、常にブックマークメニューでリンクを管理するほどでもない場合、あとで時間が空いた時に読む程度でしたら、リーディングリストとして管理していくことができます。
要するに、後で読む機能です。
Webブラウザの標準機能となりますので、拡張機能などを使う必要もありません。

Google Chromeのリーディングリストは、PCとスマートフォンにてGoogleアカウントで共有することができます。
デバイス間でのWebページの共有には、とても便利な機能です。


リーディングリストの使い方


まずはPC版のChromeでの使い方です。

初めに、スマートフォンのChromeでも共有できるように、ご自身のGoogleアカウントでログインしておきましょう。
画面右上のユーザーアイコンの下に、リーディングリストのボタンが表示されています。
利用したことなければ、リストを開いてもまだリスト内に何も表示されません。

Webサイトを閲覧していて、あとで読みたいページがあれば、画面右上の星マークのアイコンをクリックして、「リーディングリストに追加」を選択します。

後で読むWebページをリーディングリストに追加する



リーディングリストに新たにWebページが追加されると、アイコンで追加されたことがわかります。
そして、リーディングリストのボタンをクリックして、リストに登録したWebページが確認できます。

Google Chromeのリーディングリストを確認



登録したWebページは、ファビコン(アイコン)やページタイトル、URL、いつ登録したのかがわかりやすく表示されます。
リストから閲覧したいWebページを選択すれば、Webページにアクセスできます。

閲覧状況については、未読や既読でカテゴリー分されるので、まだ閲覧していない未読のWebページが上部に表示され、わかりやすくなっています。
対象のWebページにマウスを当てると、既読にするチェックアイコンや、またもうリストに残しておく必要がない場合は、バツマークを選択して削除することができます。

Google Chromeのリーディングリストの「未読」「既読」と削除



スマートフォンでも、同じGoogleアカウントでログインしていれば、リーディングリストは共有できます。
検索ページにピン留めしているもの、もしくは画面右下のオプションアイコンから「リーディングリスト」を選択します。

スマートフォンでGoogle Chromeのリーディングリストを確認



スマートフォンでは、画面右下の編集ボタンから既読にするなどの操作ができ、左にスワイプすることで削除の操作が行えます。

スマートフォン版Google Chromeのリーディングリストの管理



頻繁にPCとスマートフォンを行き来して利用するのであれば、検索ページにリーディングリストをピン留めしておくと良いでしょう。


スマートフォンでの使い方


主にスマートフォンを利用している方は、Webページの閲覧もスマートフォンが中心になります。
iPhoneユーザーでもPCがWindowsであれば、Google Chromeを使っていることでしょう。(もしくはEdgeかな)

スマートフォン版のChromeでは、画面上の検索窓・URL表示部分の右のシェアボタンを選択して、シェアの項目から「後で読む」を選択します。

スマートフォン版Google Chromeのリーディングリストの使い方



「リーディングリストに追加しました」というメッセージが表示されます。
これで登録完了です。

スマートフォン版Google Chromeのリーディングリスト



普段、スマートフォンのみの利用でも、リーディングリスト機能は便利に活用することができます。


まとめ


macOSやiOS、iPadOSでおなじみのWebブラウザのSafariでは、もともとリーディングリストの機能がありますが、仕事やプライベートで利用するPCはWindowsという方もいます。iPhone使いでMac使いという方は特に気になりませんが。。。

ChromeでしたらiPhoneもAndroidもスマートフォン用アプリが提供されていますので、Web閲覧やページの共有もそうですが、仕事においてもGoogleアカウントを利用することも多くスムーズに作業を進めていくことがあるのであれば、Google Chromeを利用していく方が効率が良いでしょう。

Chromeのリーディングリストは、デバイス間でのWebページの共有にとても便利ですので、うまく活用してみてください。