[Windows/Mac]Office 365利用者は1TBも利用できるOneDrive


世の中にはGoogle DriveやBox、Dropboxなど、多くのオンラインストレージがありますが、使い勝手の良さはもちろん、料金や利用できる容量も気になるところです。

MicrosoftのサービスであるOneDriveも一般的によく知られているオンラインストレージがあります。
OneDriveは無料の方でも5GBとまずまずですが、Office 365を契約している方は容量が1TBと、大容量の利用が可能となっています。

Office 365ユーザーは利用しないともったいないですね。

オンラインストレージを利用していく中でクリアしておきたいのが、デバイス間の同期でしょうか。

Windowsユーザーはほとんどの方がMicrosoftアカウントを持っていますので、そのままPCでOneDriveが利用でき、スマートフォンやタブレット端末では、アプリをインストールすることで簡単に利用でき同期もされます。

人にもよりますが、仕事などでWindowsとMacと2つのPCを使っていて、いろんなデータを簡単に受け渡ししたいといったことがよくあります。

私も仕事でWindowsとMacと2台利用しています。
Office 365も、ExcelやWord、PowerPointを2台で利用、WindowsではAccessも使ったりとOffice系のアプリケーションはビジネスシーンに欠かせません。

OneDriveはMicrosoftアカウントがあれば利用できますので、もちろんMacでも利用できます。
デバイス間のデータの共有も簡単です。

ここでは、WindowsとMacでのOneDriveの利用方法をご紹介します。


WindowsでOneDriveを利用


Windowsでは特に何かを準備するなどする必要はありません。
皆さんMicrosoftアカウントをお持ちで、アカウントでPCにログインしてパソコンを利用されます。そして、WindowsではデフォルトでOneDriveのアプリケーションが搭載されています。

アクセス方法はいくつかあります。

1つは、Windowsメニューから「OneDrive」のアプリケーションを起動する方法です。

WindowsでOneDriveを利用する



その他、フォルダの左メニューからも簡単にアクセスすることができます。

WindowsのフォルダからOneDriveを利用する



もう1つはタスクバーから。

画面右下にOneDriveのアイコンがあります。選択すると情報が表示されます。
こちらからフォルダを開いたり、また「オンラインで表示」を選択すると、ブラウザ版にアクセスします。

WindowsのタスクバーからOneDriveを利用する



その他」を選択するといろんなオプションが表示され、設定からはアカウント情報が見れますので、どれくらいの容量を使用しているかなど、現在の利用状況が確認できます。


MacでOneDriveを利用


MacでOneDriveを利用するには、OneDriveのアプリケーションをインストールする必要があります。
ただインストールするだけです。すごく簡単です。

OneDrive(日本語)
https://onedrive.live.com/about/ja-jp/

トップページの上部にあるメニューのダウンロードから、ダウンロードページ(https://onedrive.live.com/about/ja-jp/download/)に進み、Mac用OneDriveの「ダウンロード」ボタンを選択します。

Mac用OneDriveのダウンロード



ダウンロードしたOneDriveのパッケージを、ダブルクリックで展開してインストール作業に進みます。

ダウンロードしたMac用OneDriveのパッケージを実行



インストール作業は、そのまま流れに沿って進んでください。
インストール先もMacintosh HDでOKですので、「Install」ボタンを選択して実行します。

Mac用OneDriveのインストール作業



インストールが終わりましたら、「Close」を選択して画面を閉じます。

Mac用OneDriveのインストール作業完了



最後にOneDriveアプリを起動して、メールアドレスとパスワードでサインインするだけとなります。

OneDriveにはフォルダから簡単にアクセスできるようになっています。
ブラウザ版を利用しなくても、こちらにデータを移動させればそのまま同期して利用できます。

MacのフォルダからOneDriveを利用する



Macの画面上部メニューにもOneDriveのアイコンが表示されますので、そちらからでもアクセスできます。


スマートフォンやタブレット端末の他、WindowsとMacの2台で仕事されている方は、OneDriveの利用で簡単にデータ共有が可能となります。

無料でも5GB、Office 365をお使いの方は1TBも容量が利用できますので、是非いろんなデバイスと同期・共有してみてください。