Windows 10で不要なアプリを削除(アンインストール)する方法


Windows PCを利用していく中で、多くの方が便利なアプリをインストールして快適なパソコンライフを送っていることでしょう。

ほとんど使わなくなったアプリケーションがそのままPCに入ったままだと、必要ないプログラムでディスクの容量が減って動作が重くなったりします。
OSのアップデートで非対応になってしまったアプリもそうですし、最新版をインストールするために一度削除しなくてはいけないこともあるでしょう。

もう使わなくなったアプリケーションは、アンインストールしてPCから削除しましょう。

どのように削除するのかわからない方のために、Windows PCでのプログラムのアンインストールの方法をご紹介します。

Windows 10での説明になります。


プログラムのアンインストール


画面左下のWindowsアイコンからスタートメニューを開き、「設定」を選択してWindowsの設定に進みます。

Windowsのスタートメニューから設定へ



設定の項目から、「アプリ」を選択します。
こちらではアンインストールや既定値の調整、オプションの機能など、アプリに関する設定が行えます。

Windows PCのアプリ設定



左メニューの「アプリと機能」から、PCにインストールされているアプリが一覧として確認できます。

一覧から削除対象のアプリを選択し、「アンインストール」を選択します。
アンインストール作業が実行されれば、アプリとその関連情報が削除されます。

Windows PCのプログラムのアンインストール



他にも、Windowsのスタートメニューからアンインストールする方法もあります。

画面左下のWindowsアイコンからスタートメニューを開き、アプリの一覧から対象のアプリを右クリックします。
オプションから「アンインストール」を選択します。

Windowsのスタートメニューからプログラムをアンインストールする



アンインストールを選択すると、コントロールパネルの「プログラム > プログラムと機能」に移動します。
一覧からプログラムを選択して、「アンインストール」ボタンをクリックします。

これでアンインストール作業が実行されます。

Windowsのコントロールパネルからプログラムをアンインストール



ちなみに、コントロールパネルはスタートメニューの「Windows システムツール」の中にあります。
タスクバーにもデフォルトで置いてあるでしょう。

Windowsのコントロールパネル



非対応になったり使えなくなったりもう使わないプログラムは、パソコン内に置いてあっても要領を使うだけですし、必要ないので削除しておきましょう。

もう利用者は少ないと思いますが、Windows 10以前のOSは画面が違いますが、コントロールパネルからプログラム一覧にまでいく流れでのアンインストール方法はほとんど同じになります。

Windowsの設定からでも、スタートメニューからでも、または最初からコントロールパネルに行ってもらっても。
自分の得意な手順でアンインストールを行ってください。

それでは、良いパソコンライフを。