仕事などで大事なファイルを共有する際に、パスワード付きのzipファイルに圧縮して共有することがあります。
しかしWindowsは7から8、10とOSの機能でフォルダにパスワードを設定してzip圧縮することができません。
そこで無料のソフトを使ってパスワード付きのzipファイルを作成します。

 
ここではWindows用の無料ソフト「Lhaplus(ラプラス)」を使ってフォルダをパスワード付きのzipファイルにする方法をご紹介します。

 

Lhaplus(ラプラス)のダウンロードとインストール

まずはLhaplus(ラプラス)を窓の杜ライブラリからダウンロードしてきます。
窓の杜からダウンロード」というボタンからダウンロードします。

窓の杜ライブラリ
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/lhaplus/

WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 01

 
フリーソフトで対応環境はWindows7/8/10です。
LZH/ZIP/CAB/RARなど、20種類以上のアーカイブ形式に対応しています。

拡張子が.exeという実行ファイルがダウンロードフォルダにダウンロードされますので、そちらをクリックして実行します。

WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 02

 
Lhaplusのセットアップをしていきます。
とはいってもどんどん「次へ」で進むだけです。
特に変更することがありません。
最後に「完了」をクリック。

WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 03
WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 04
WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 05
WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 06

 
Lhaplusの初期設定ですが、とくに変更しなくても快適に使えます。
そのまま「OK」をクリック。

WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 07

 
これでLhaplusのインストールの完了です。

 
それでは実際に使ってみましょう。

 

Lhaplus(ラプラス)の使い方

実際にファイルをパスワード付きのzipファイルとして圧縮してみましょう。

例としてsampleフォルダを作ってみました。

WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 08

 
フォルダを右クリックして「圧縮 > .zip(pass)」と進みます。

WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 09

 
続いてパスワードを設定します。
設定したら「OK」をクリック。

WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 10

 
これでパスワード付きのzipファイルを作成することができました。

WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 11

 

別の方法でもいけます。
Windowsボタンをクリックしてインストールしてあるアプリケーションから「Lhaplus」までいき、Lhaplusをデスクトップにドラッグ&ドロップしてショートカットアイコンを置きます。

WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 12
WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 13

 
そして、Lhaplusアイコンにフォルダやzipファイルをドラッグ&ドロップすると圧縮や解凍をすることができます。
実際にやってみましょう。
sampleフォルダをドラッグ&ドロップしてみます。

WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 14

 
圧縮形式はLZH/ZIP/CAB/RARなど、20種類以上に対応していますので、今回はZIPファイルということで圧縮形式を変更します。
.zip(pass)」を選択。

WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 15

 
圧縮形式を.zip(pass)に設定できたら「はい」をクリックして、

WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法 16

 
あとは先程と同じようにパスワードを設定して完了です。

 
このようにLhaplusを使ってパスワード付きのzipファイルを作成することができます。
デスクトップにLhaplusアイコンを置いておいた方が楽かもしれませんね。

 
Macをお使いの方はこちらで説明しています。

↓ ↓ ↓

MacでZIPファイルにパスワードをかける方法