img_mac_zip_password

普段、パソコンはMacを使っている方はプライベートでも仕事でもいろいろとデータを送る時、特にフォルダをZIP圧縮してパスワードをかけてメールで送る時があるかと思います。
そういえばWindows 7や8、10だとLhaplus(ラプラス)というフリーソフトを使ってパスワード付きのZIPファイルを作れるけど、Macってどうやるの?
って思っている方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

超簡単な方法

ありますよ。

MacのOSに標準で付属しているターミナルというツールを使ってね。

 
大事な資料をクライアントに送るときなどはパスワードかけておきたいですよね。

ということで、ここではMacでパスワード付きのZIPファイルを作成する方法をご紹介します。

 
とその前に、ターミナルってなに?って人のためにまずはこちら。


 ターミナルとは


ターミナルとはコマンドと呼ばれる命令文を使っていろいろ操作するツールです。
Windowsでいうコマンドプロンプト。知らない人にはよく黒い画面とも呼ばれることも。普通の人はあまりお目にかからないので難しそうなんて思う人もいます。

Macにはターミナルというアプリケーションがデフォルトで入っています。

ターミナルは、「アプリケーション > ユーティリティ」の中にあります。

img_zip_password_01

ターミナルを起動して、さあ始めましょうか。

img_zip_password_02

わかりやすくパスワードをかけるZIPファイルをデスクトップに置いて説明していきます。


パスワードをかける呪文、zipcloakコマンド


まずはターミナルを立ち上げたら「zipcloak」と入力します。
そのあと半角スペースをあけてZIPファイルをターミナルにドラッグ&ドロップ。

img_zip_password_03

するとファイルのパスが自動で表示されます。
そしてEnter。

img_zip_password_04

すると「Enter password:」と表示されるので、ここにパスワードを入力してEnter。

img_zip_password_05

続いて「Verify password:」と表示されるので同じパスワードをもう一度入力してEnter。

img_zip_password_06


はい終了。

これだけ。

ホントに。

パスワードをかけたZIPファイルを開こうとしてください。
パスワードを聞かれますよ。

 
Windowsをお使いの方はこちらで説明しています。
WindowsでZIPファイルにパスワードをかける方法


コマンド操作は難しいイメージがありますが、ちょっとしたことでしたら一行ほど記述して実行するコマンドは結構あります。

zipcloakコマンドは大変便利ですので是非利用してください。