プログラミング初心者でも簡単に学べるProcessingの始め方(Windows編)


プログラミング初心者の方でも簡単に始められるProcessing(プロセッシング)。
ProcessingはJavaというプログラミング言語をベースとしたもので、ほんの少しだけのコードでプログラムを動かすことができ、すぐに画面で確認できる簡単なプログラミング言語となっています。
ですのでプログラミングがわからないデザイナーの方やプログラミングを学びたいけど難しそうと思っている方は、Processingを1番最初に学ぶと良いでしょう。

Processingは描画やアニメーション、ビジュアルデザインやグラフィックに特化したプログラミング言語になります。

プログラミングを始める方がまず最初につまずくのは開発環境の準備です。

ここではProcessingの開発環境の準備をご説明します。


開発環境の準備


Processingを始めるにあたり、IDE(Integrated Development Environment/統合開発環境)を準備します。
開発環境は無料です。

Processingのオフィシャルサイトからアプリケーションをダウンロードしてきます。

Processing
https://processing.org/

トップページの左のナビゲーションの「Download」リンク、または動画の下にある「Download Processing」のリンクをクリックしてダウンロードページに進みます。

Processingの開発環境01



ダウンロードページから、お使いのパソコンにあったOSのアプリケーションを選択してダウンロードします。
Windowsユーザーは、「Windows 64-bit」「Windows 32-bit」の2種類あります。

お使いのパソコンが64ビットか32ビットかを確認するには「設定」から「システム」と入っていき、バージョン情報から確認できます。
お使いのパソコンに合ったものをクリックしてダウンロードが始まります。
Processingのバージョンは、その時々の最新のものが用意されています。

Processingの開発環境02



ダウンロードが始まると表示が寄付ページになりますが、特に寄付をしなくても大丈夫です。
最初にも言いましたが、Processingの開発環境は無料です。

Webブラウザの画面下にダウンロード状況が確認できます。
ダウンロードが完了しましたら、ダウンロードフォルダを確認しましょう。

Processingの開発環境07



ダウンロードフォルダに圧縮フォルダのZIPファイルがダウンロードされていますので、ダブルクリックで展開(解凍)します。

Processingの開発環境03



展開(解凍)した中身は「processing-3.5.4」の関連ファイルが入っています。
「3.5.4」は、ダウンロードしたProcessingのバージョンです。
そのままダウンロードフォルダに置いておくと何かの手違いで削除してしまうことがあるかもしれないので、「Program Files」に移動させておきましょう。
左メニューのWindowsのCドライブの中に「Program Files」というフォルダがありますので、そちらにコピーまたはドラッグ&ドロップなどで移動させます。

Processingの開発環境04



コピーで移動させた後、残っているファイルは必要ないので削除しましょう。
少し気になることだと思いますが、「Program Files」「Program Files(X84)」と2つのProgram Filesフォルダがあります。Program Filesが64ビット用、Program Files(X84)が32ビット用となっています。
お使いのパソコンに合わせたProcessingのアプリケーションをダウンロードしてますので、こちらもバージョンに合った場所に保存します。

Processingのフォルダをクリックして中に入りますと、関連ファイル等があります。
processing.exe」という実行ファイルがProcessingのアプリケーションになります。
こちらをダブルクリックして起動となります。

Processingの開発環境05



起動すると開発環境のエディタが立ち上がり、最初にWelcomeメッセージが表示されます。
このメッセージは起動時に毎回出ますがおそらく毎回出るのが嫌だと思うので、「Show this message on startup」のチェックを外して「Get Started」をクリックし、Processingを始めましょう。

Processingの開発環境06



これでProcessingの開発環境の準備が完了です。
あとはエディタにどんどんプログラムコードを書いていってください。


エディタの使い方はとてもシンプルで、
わかりやすい再生と停止アイコンのボタンで、プログラムを実行したり停止させたりします。

Processingの開発環境08



スケッチファイルの保存は、エディタ上部のツールバーの「ファイル」のオプションから行います。

Processingの開発環境09



保存先は好きな場所でいいです。
デフォルトの場所に保存したファイルは、「ドキュメント」の中に作成された「Processing」フォルダで管理されます。

Processingの開発環境10



スケッチファイルは同じ名前のフォルダでプロジェクトフォルダとして管理していきます。


開発環境の準備はWindowsもMacもほとんど変わりませんが一応、Macユーザーの方はこちらで紹介しています。

↓ ↓ ↓

【Processingの始め方】デジタルアートのプログラミングを楽しもう

また、Processingの簡単な基礎はこちらで少し紹介しています。

↓ ↓ ↓

Processingの基礎 図形や楕円などを表示させてみよう

それではプログラミングを楽しく学んで下さい。