Processing.jsでProcessingをwebブラウザ上で動かす

 
Processingを学んでいるとこのプログラム(アートやデザイン)をどこで使おうか?ということに遭遇するかと思います。
OSで動くアプリケーションとして書き出したりするのですが、僕はwebエンジニアなのでどうしてもwebブラウザで表示させるなどして使いたいんですよね。

そこでJavaScriptのライブラリである『Processing.js』を使ってwebブラウザでProcessingを実行できるようにしていきます。

まずはprocessingjsのサイトからjsをダウンロードしてきます。
http://processingjs.org/

ダウンロードページへ行き、processing.jsをダウンロードします。

 

processing.jsとprocessing.min.jsと2つあります。
「min」とは「minify(圧縮化)」の略で、余分なスペースや改行、インデント、コメントなどを削除してファイルを軽量化されたものです。
どちらを使用してもいいですが、僕は軽い方を選ぶかな。


Processing.jsの使い方


さっそくProcessing.jsを使っていくのですが、やり方としては2パターンあります。
Processingのpdeファイルを使用する方法と、JavaScriptでProcessingのコードを書いていく方法と。

Processingのpdeを使う

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>Processing.js Demo</title>
    <meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0,minimum-scale=1.0">
    <meta name="keywords" content="">
    <meta name="description" content="">
    <meta http-equiv="content-language" content="ja" />
    <link rel="stylesheet" href="css/app.css?v=1.0">
    <script src="js/processing.min.js"></script>
    <!--[if lt IE 9]>
        <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/html5shiv/3.7.3/html5shiv.js"></script>
    <![endif]-->
</head>
<body>
 
    <div id="wrapper">
        <canvas id="app" data-processing-sources="sample.pde"></canvas>
    </div>
 
</body>
</html>


header部分でprocessing.min.jsを読み込み。(body終了タグの直前でも大丈夫です)
canvasでdata-processing-sourcesの部分でProcessingファイルを読み込む。
また、sourcesの部分が複数形なので、『data-processing-sources=”sample.pde sample02.pde”』のように半角スペースを空けて複数読み込むことができます。

注意点としては、ローカルで開発している場合にChromeブラウザだとセキュリティの都合もありうまく表示することができません。
ですので確認はFirefoxなどで行うとしっかり表示されます。

どうしてもChromeで確認したい場合は、サーバー上に載せる必要があります。

他に、Chromeブラウザ起動オプションに「–allow-file-access-from-files」をつけるなどすればローカルでも確認できるそうですが、少しクセがあるので初心者の方は難しいかもしれません。
ローカルに開発環境を整えるためにWindowsユーザーならXAMPP、MacユーザーならMAMPをインストールしてそこで開発するのも良いでしょう。

ローカル開発環境を構築するためのXAMPPやMAMPの導入方法はこちらで説明しています。

WindowsでXAMPPを使ってWeb開発環境(ローカル開発環境)を構築

MacでMAMPを使ってWeb開発環境(ローカル開発環境)を構築


JavaScriptでProcessingコードを書く

HTML

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>Processing.js Demo</title>
    <meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0,minimum-scale=1.0">
    <meta name="keywords" content="">
    <meta name="description" content="">
    <meta http-equiv="content-language" content="ja" />
    <link rel="stylesheet" href="css/app.css?v=1.0">
    <!--[if lt IE 9]>
        <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/html5shiv/3.7.3/html5shiv.js"></script>
    <![endif]-->
</head>
<body>
 
    <div id="wrapper">
        <canvas id="app"></canvas>
    </div>
 
    <script src="js/processing.min.js"></script>
    <script src="js/sample.js"></script>
 
</body>
</html>


 
JavaScript

function sketchProc(processing) {

 var y = 100;

 processing.setup = function() {
 processing.size(innerWidth,innerHeight);
 processing.stroke(255);
 processing.frameRate(30);
 }

 processing.draw = function() {
 processing.background(0);
 y = y - 1;
 if (y < 0) {
 y = innerHeight;
 }
 processing.line(0, y, innerWidth, y);
 }

}

var canvas = document.getElementById("app");
var p = new Processing(canvas, sketchProc);

 

こちらはスクリプトタグ内に記述する使い方。
上記はJSを別ファイルにしましたが、htmlファイルにコードを書いても大丈夫です。

またよくある、webブラウザにフルスクリーンで表示させたいという時は「size();」で、innerWidthとinnerHeightを設定します。
Processing上でのフルスクリーン設定は、バーション3系で「fullScreen();」ですね。

書き方は少し癖があって、命令の前に「processing.」をつけるのが特徴です。

 ちょっと書き方が変わってややこしいと思ったらこちらでも大丈夫です。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
    <meta charset="utf-8">
    <title>Processing.js Demo</title>
    <meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1.0,minimum-scale=1.0">
    <meta name="keywords" content="">
    <meta name="description" content="">
    <meta http-equiv="content-language" content="ja" />
    <link rel="stylesheet" href="css/app.css?v=1.0">
    <script src="js/processing.min.js"></script>
    <!--[if lt IE 9]>
        <script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/html5shiv/3.7.3/html5shiv.js"></script>
    <![endif]-->
</head>
<body>
 
    <script type="application/processing">
         
    void setup ( ) {
        size(500, 200);
    }
 
    void draw( ) {
        if (mousePressed) {
            fill(0);
        } else {
            fill(255);
        }
        ellipse(mouseX, mouseY, 80, 80);
    }
 
    </script>
 
    <canvas id="app"></canvas>
 
</body>
</html>

 

スクリプトのtypeを「application/processing」とすると、Processingコードがそのまま書けます。

こんな感じですかね。
お好みの表示方法をお試し下さい。

また、JavaScriptが得意な方はp5.jsの方が使い勝手がいいのでこちらをオススメします。

↓ ↓ ↓

p5.jsを使ってProcessingのクリエイティブコーディングをJavaScriptで書く