Microsoft Teamsで外部モニターのWeb会議や講義の動画を録画する


オンラインやリモートでの作業が増える中、Microsoft Teamsを活用している企業や教育機関は多いことでしょう。チームでのプロジェクト管理やチャット機能、Web会議ツールと、まだまだありますが多くの機能を備えています。

オンラインですとWeb会議ツールを使っていきますが、1台のパソコンの画面のみでも良いですが、外部モニターを利用した2画面で画面共有して行うWeb会議、また授業やセミナー等では、外部モニターを画面共有する方が効率が良いでしょう。

そして、Web会議や授業、セミナー等を動画として記録したい場合には、レコーディング機能がとても便利です。

Microsoft TeamsのWeb会議でレコーディング機能を利用するには、Microsoft Streamのライセンスが必要になります。

Office 365 Suite
(E1、E3、E5、Business Essential、Business Premium)

Microsoft 365 Suite
(E3、E5、Business)


Microsoft 365を契約されている方は、プランによってStreamのアプリが利用できるか変わってきます。
わかりやすく言うと、一般法人向けの有料プランの「Microsoft 365 Business Basic」からレコーディング機能が利用できます。
ほか、教育機関のEducationプランでも。

プランと価格と利用できる機能をご確認ください。

↓ ↓ ↓

Microsoft Teamsのオプションの比較(プランと価格)

Microsoft 365 Business Basicのプランから、Web会議の録画機能が利用できるのが確認できます。

それでは、Web会議のレコーディング機能、ここでは外部モニターを利用した2画面での録画について見ていきます。


Web会議の共有画面の録画


Web会議の画面共有機能で、利用している外部モニターの画面「画面 No. 2」を選択します。
(外部モニターの表示は、画面拡張の設定としています)

TeamsのWeb会議の画面共有



PC本体の画面(左)には、通常のデスクトップ表示とTeamsのWeb会議のアプリケーションが立ち上がっています。
画面共有した外部モニターの画面(右)には、講義等の資料を立ち上げて表示しています。

TeamsのWeb会議で外部モニターを画面共有



ここから、Web会議の録画機能を利用していきます。
Teams Web会議のアプリケーションのツールのオプションアイコンから、「レコーディングを開始」を選択します。このレコーディングは、画面共有時では、共有した画面の録画となります。

今回は外部モニターを画面共有していますので、PC本体の画面ではなく、外部モニターのみが録画されることになります。

TeamsのWeb会議のレコーディングを開始



録画時は、録画中のアイコンと時間が表示されます。

録画を終わる場合は、流れは同じでオプションアイコンから「レコーディングを停止」を選択します。
そのあと、レコーディングを停止するかの確認メッセージが出ますので、「レコーディングを停止」を選択します。

TeamsのWeb会議のレコーディングを停止
レコーディングの停止の確認



Web会議は継続中でも、レコーディングを停止すると記録を動画とする処理が始まります。

Web会議のレコーディングの記録の動画への変換処理



数分待つとレコーディングの記録が動画として生成されます。
生成された動画は、「Microsoft Stream」に保存されます。

動画のオプションアイコンから「Microsoft Stream」で開くを選択します。

Teamsのレコーディングの記録動画をMicrosoft Streamで確認



Microsoftアカウントでログインして、Microsoft Streamページにアクセスします。
こちらでレコーディングした動画を確認することができます。

Microsoft Streamページで動画を確認



動画の下には、詳細が確認できます。
制限ありはデフォルトでチームのメンバーのみ観覧できる設定となっています。後で全公開したりと設定を変更することもできます。

オプションでは、ビデオの共有に関する設定があり、Stream内で管理しにくい場合はビデオをダウンロードすることもできます。

Microsoft Streamでの動画の詳細と設定



2020年9月頃から仕様が変わり、投稿画面からダウンロードできる仕様に変更されるようになりました。
ダウンロード」ボタンからレコーディングした動画をダウンロードします。
また、有効期限は20日となります。

Microsoft Teamsの投稿からレコーディング動画をダウンロード



レコーディングした動画は以下のような表示となります。
画面共有した画面、そして右下にはユーザーが表示されます。

Microsoft Teamsでレコーディングした動画の表示



会議の録画もそうですが、講義の収録動画としても、レコーディングするユーザー(主にWeb会議のホストや教師・講師)はもちろん、会議に参加しているユーザーも共有画面の下の部分に表示されます。
顔出しが記録として残るのが気になるようでしたら、会議参加者にはWebカメラをOFFにしてもらうと良いでしょう。

動画として記録を残すことで、後からいつでも会議の内容を確認することができます。
Web会議用途によって、レコーディング機能をうまく活用していってください。